ESTA・ビザ免除プログラム(VWP)の2019年最新情報

ビザ免除プログラム(VWP)は、対象国の国民がビザを取得せずにESTA認証を取得するだけで米国に渡航することを可能にします。つまり、アメリカへの旅行はずっと簡単になります。

ただし、このルールはいつでも変更される可能性があります。

米国政府が、ESTAを含むビザやその他の渡航許可の担当をしていることを忘れないでください。

Tしたがって、米国を訪問するためにはどのような渡航認証が必要であるかを確認するために、ビザ免除プログラム(VWP)に関する最新のニュースを確認することが重要です。

トランプ政権によって米国が運営されている間、これは非常に重要です。渡米の条件が日に日に厳しくなっていることが明らかになっています。

通常は多くの法律や他の形式の規則や制限があるため、年単位で更新されます。

ビザ免除プログラム(VWP)やESTAに関する規則が、2019年までにどのように変わるのかを見届けましょう!

大きな変更はあるでしょうか?その場合、あなたの米国への渡航に影響を及ぼすでしょうか

総括的な最新情報

昨年、米国入国に関する数多くの話題があったため、多くの人々が2019年には異なる形式の渡航認証に変更されると想像していました。

そして、ほとんどの人が、米国に渡航する人の数を減らすような、大きな変更が実施されると考えていました。

しかし、現実はそうではありませんでした。

今のところは、少なくともビザとESTAに関する重要な変更のニュースはありません。

アメリカにご旅行ですか?


近いうちに渡米する予定がある場合は、今すぐ申請を始めてください!

今日、米国ESTAを申請する

もちろん、渡航という話題になると、いくつかの国がトランプ政権の影響を受けています。いわゆるトランプ入国禁止令と呼ばれている入国制限を巡る新たな大統領令は、大多数のイスラム諸国の人々に影響を与えるでしょう。

しかし、渡航認証となると、更新が待たれるのは2つの情報だけです。

これらは公式に発表されたものであることを心に留めておいてください。まだ一般的に議論されていないと衝撃的な変更が、これから実施される可能性もまだあります。

現在我々はどこまで知っているでしょうか?

ビザ免除クログラム(VWP)の最新情報

ビザ免除プログラム(VWP)対象国のみがビザなしでの米国旅行を享受できるため、ビザ免除プログラム(VWP)、特に対象国のリストの変更に注意することが大切です。

そして、このリストは大きな変化が頻繁に行われる箇所でもあります。

ビザ免除プログラム(VWP)について語るとき、2019年にプログラムに関する何が変わるかについては、ある特定の国について話す必要があります。

それはマレーシアです!

トランプ政権は、これまで米国に入国する人々の規制に関しては非常に厳しい態度を示していましたが、マレーシアをビザ免除プログラム(VWP)対象国に加えることについての交渉はまだ続いています。そして、すべてが予定どおりに進めば、マレーシアは2019年までにビザ免除プログラム(VWP)対象国リストに追加されるはずです。

一方、ギリシャはビザ免除プログラム(VWP)対象国のリストから除外されかけていましたが、ビザ免除プログラム(VWP)の会談が上手くいったため、今後もリストに残ることが決定しました。

それ以外に、大きな変更はありませんでした。

これは、引き続きビザ免除プログラム(VWP)対象国の国民は、ビザを取得する代わりにESTAを取得することによって米国に訪問できることを意味しています。

しかし、ビザ免除プログラム(VWP)だけが、変更される可能性のある米国旅行関係の法規制ではありません。ビザ免除プログラム(VWP)対象国の国民として渡米する際には、依然としてESTAの渡航認証を取得する必要があります。

ESTA 最新情報

ESTAは、米国に旅行する際に必要な渡航認証の中で最も便利なシステムであることは間違いありません。したがって、ESTA USA の最新情報では、大きな変更が実施されないことを我々も願っています。

アメリカにご旅行ですか?


近いうちに渡米する予定がある場合は、今すぐ申請を始めてください!

今日、米国ESTAを申請する

そして今のところ、ESTA申請に関しては大きな変更に直面することはないようです。つまり、ビザ免除クログラム(VWP)対象国の国民はESTA USAのメリットを最大限享受することができます!

しかし、先ほど述べたように、これはすべて米国政府が公表に発表した内容に基づいています。つまり、2019年までにいくつかの変更が行われる可能性はまだあるということです。

何が変更される可能性があるか

ESTAとビザ免除クログラム(VWP)について語るとき、2019年だけでなく実際にはいつでも変更が行われる可能性のあることがいくつかあります。

ビザ免除クログラム(VWP)は米国によって管理されているので、米国政府が入国制限を行うと決定した時はいつでも大きな変更が行われる可能性があります。

また、トランプ政権が発足して以来、米国への入国規制に関して何が起きてきたかを見ると、ビザ免除クログラム(VWP)も近い将来影響を受ける可能性があります。

これまでのところ、これらは憶測でしかありませんが、米国に渡航する予定がある場合は、このことを心に留めておくことが重要です。

なので、何が実際に変更されるかを知ることは大切です!

ビザ免除クログラム(VWP)について語る時、一般的に行われる大きな変更はビザ免除クログラム(VWP)対象国リストに関連である可能性が高いです。先ほど述べたよう、2019年にはそのリストにもう1カ国、マレーシアを追加する必要があります。

その傍ら、ある国の国民がビザなしでの米国旅行の権利を失う可能性も十分にあります。これが起これば、多くの旅行者は米国ビザの取得方法をもう一度学ばなければならなくなり、その結果、その他の国の国民も影響を受け、米国ビザ申請にかかる時間が今までよりも長くなってしまいます。

このような変更が起こった場合、事前にそのことについて公式な注意喚起が必要であることは間違いありません。これは、あなたが米国への渡航を計画している場合、または他のあらゆる理由で米国を通る場合、ビザ免除クログラム(VWP)に関する最新情報を知っておくことが重要である理由です。

可能性のある ESTA の変更

ESTAと認証申請プロセスについて話しているとき、実際に起こり得そうな変更点がいくつかあります。

最初の1つはESTAの価格、つまりこの種の渡航認証を取得するために支払う必要のある手数料です。もちろん、これは一部の渡航者に影響しますが、実際には最大の問題ではありません。

より深刻なのは、ESTAの有効期間です。これは、渡米者が次回の旅行を計画する上でさらに注意を払わなければならないことです!ESTAで旅行する際に許可される、米国での滞在日数(現在1回の訪問での最大滞在日数は90日)に関する変更も同じく深刻な問題になります。

今後どのような変更が行われるかはまだわからないとしても、Brexit(英国のEU離脱)に関連して何らかの変更が行われることは間違いありません。つまり、米国旅行の際に発揮してきた英国のパスポートの価値を失われることになります!

しかし、英国がEUを離脱するプロセスが少なくともあと2年かかることから、これが2019年に起こる可能性は極めて低いと思われます。そしてその後も、米国政府は、EU市民ではない英国国民に簡易的な渡航認証プロセスを与える責任を負うことになります。

今のところ、これらが近い将来にESTAとビザ免除クログラム(VWP)に影響を与える可能性のある最新の、そしておそらく予定されている出来事です。