ビザ免除プログラムとビザ免除国とは?

ビザ免除プログラムが導入されて以降、すべてのビザ免除国の国民は、米国にビザなしでの渡航を楽しむことができます。このプログラムは渡航の自由に大きな影響を与えました。

このプログラムは、アメリカ合衆国の政府によって設計、運営されています。そのため、ビザ免除国がこのプログラムに直接的に影響を与えたり、変更を加えてより多くの人をビザなしで米国に渡航させることはできません。

ESTA 対象国リストは、普遍的なものではなく、いつでも米国政府によって変更される可能性があるということも大切な点です。

あなたが、アメリカ旅行のためのビザが免除されている国の国民かどうかは下記の表より簡単にチェックすることができます。これは、2018年時点でのすべてのビザ免除国のリストです。このリストにあなたの国が記載されている場合は、米国への旅行に際し、ビザを取得する必要はありません。

アンドラハンガリーニュージーランド
オーストラリアアイスランドノルウェー
オーストリアアイルランドポルトガル
ベルギーイタリアサンマリノ
ブルネイ日本シンガポール
チリ韓国スロバキア
チェコ共和国ラトビアスロヴェニア
デンマークリヒテンシュタインスペイン
エストニアリトアニアスウェーデン
フィンランドルクセンブルクスイス
フランスマルタ台湾
ドイツモナコイギリス
ギリシャオランダ

ビザの代わりに、簡単なオンラインフォームを使って ESTA の申請することができます。これは、 ESTA ビザ免除国の国民のみに適用されているため、ぜひ使用することが推奨されています。

しかしながら、米国への渡航はVWPの規制の下のみで可能となっています。さらに、将来的には米国のビザ免除国リストが変更される可能性もあります!そのため、たとえ ESTA をすでにお持ちの場合でも、米国に渡航する前にあなたの ESTA の有効性を確認することが大切です。

ESTA は申請が承認された時点から2 年間のみ有効であることに注意してください。この期間内であれば、一回の渡航につき最大90 日間まで、複数回にわたって、米国に滞在することが許可されています。