よく寄せられる質問 - FAQ

  1. ESTAについて?

    ESTAとは電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization)の略称で、米国に渡航するVWP(ビザ免除プログラム)参加国の市民がビザの代わりに申請するものです。ESTAが認証されると、2年間の旅行またはパスポート有効期限の満了まで有効となります。.

    これを申請することにより、VWP参加国の市民は、VISAを取得することなく、90日間米国を旅行することができます。

    ESTAの詳細についてはこちらをご覧ください。

  2. ビザ免除プログラムは何でしょうか?

    ビザ免除プログラムでは、特定の国の市民がビザを取得することなく、米国に渡ったり、乗り継ぎに使用することができます。しかし、あなたがVWP諸国の市民であり、航空または海上で米国に旅行する場合は、ESTAを取得する必要があります。

    このプログラムで、VWP諸国の市民は90日の間、米国への旅行、または米国での乗り継ぎのために利用することができます。

    VWPの詳細はこちらで読むことができます。

  3. ESTAが必要な人は?

    ESTAの申請は、VWP参加国の国民が空路または海路で米国に入国するときに求められます。ESTAを申請することで、VWP参加国の国民は、ビジネス、旅行、またはトランジットのために90日間の米国滞在が認められ、その期間について別途ビザを取得する必要はありません。

  4. VWP参加国とは?

    VWPとは、Visa Waiver Program(ビザ免除プログラム)を指します。この国々の国民はビジネス、旅行またはトランジットのために米国に入国することを最大90日間の間許可されており、その期間についてビザを取得する必要はありません。

    現在のVWP参加国:

    アンドラ、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブルネイ、チリ、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、日本、大韓民国、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、モナコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポルトガル、サンマリノ、シンガポール、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、イギリス

  5. ESTAの有効期間は?

    ESTAの申請が承認されてから申請者のパスポートの有効期限まで有効です。しかし、パスポートの残存有効期限が申請日から2年以上ある場合は、2年間がESTAの有効期限となります。

    有効なESTAを保有していれば、1回の訪問につき最大90日間米国に滞在することが認められます。

    つまり、有効なESTAを保有している期間内であれば、最大90日間の範囲内で複数回に渡って米国に滞在することも可能となります。

  6. ESTAが有効であるかのチェックはできますか?

    ESTAのステータスをチェックするには、このフォームから確認してください。あなたのESTAについての詳細情報を閲覧することができます。もしESTAの有効期限が切れている場合は、米国に滞在するために新たにESTAを取得する必要があります。

  7. ビザがある場合は、ESTAが必要ですか?

    あなたがVWP諸国の市民であり、陸路によって米国に旅行する場合は、ESTAを申請する必要はありません。しかし、船や飛行機で旅行している場合は、ESTAを申請しなければなりません。

    あなたはビザがあれば、VWP国の市民ではないことを意味する。その場合は、ESTAは必要ありません。

  8. ESTAのグループ申請とは?

    ESTAのグループ申請を利用すれば、一人の人が最大50人分のESTAを一回の支払いで申請することができます。

    グループに含まれる人が一緒に渡航する必要はありませんが、それぞれの個人にそれぞれの番号が識別のために振り当てられます。

  9. いつESTAを申請するべき?

    ESTAの申請は米国への渡航前ならいつでも可能ですが、渡米の最低72時間前までには申請を済ませるように推奨されています。

    通常は数分で申請可否がわかります。しかし、申請書類の受け取りなど予期せぬトラブルを避けるために最低でも72時間前までに申請することをすすめています。

  10. ESTA申請とビザの違いは?

    米国への渡航において、ビザとESTAは同じものではありません!

    ESTAは、ビザ取得を求められていないVWP参加国の国民が最大90日間の滞在を目的に取得するものです。

    もしあなたがVWP参加国の国民でない場合は、ESTAは適用されず、米国ビザ取得することが求められます。

  11. ESTA申込書を満たすように、いくらの時間が必要であるか?

    ESTA申請に必要なすべての情報が揃っている場合は、10分から20分の内に申請ができます。通常はその後数分で申請が受理されますが、渡航の最低72時間前には申請することを強く推奨しています。

  12. ビザはいつ必要なのか?

    あなたがVWP参加国の国民出ない場合は、ESTAは適用されず、ビザの取得が必要となります。

    たとえあなたがVWP参加国の国民であっても、ビザを取得しなければならないケースがいくつかあります:

    • ビジネス、旅行、トランジット以外の目的で渡航する場合
    • ImmigrationandNationalityAct(移民国籍法)のルールに当てはまる場合は非移民ビザを申請する必要があります
    • 90日を超える期間にわたって米国に滞在する場合
    • ビザ免除プログラム不署名の航空輸送業者で到着する場合
  13. 行ない私に、U.Sに旅行するための観光旅行/ビジネスビザが必要な時

    滞在の明確な期間の間無移民ビザを受け取るアメリカ合衆国必要に入りたい旅行者。ビザ棄権証書プログラム国の市民は、ビザを自由にプログラム使ってアメリカ合衆国に旅行する許可を持つことができる。もしあなたが、ビザを自由にプログラム使うことを計画するならば、あなたは、アメリカ合衆国に入る前に旅行認可(ESTA)のための電子システムの承認を得る必要がある。

    もしあなたがビザ無料のプログラムの資格を得るはずがないならば、あなたは無移民客ビザB1/B2 ならばを申し込むことができるであろう:

    • 旅行の目的がビジネスである(B1)
    • 旅行の目的がレジャーで、医学の治療である(B2)

    B-1もしセミナー、会議、ビジネスパートナー、種々の協定と取引の結論とのミーティングで、米国への訪問の目的が訪問するならば、ビザは通常出される。

    B-2もし米国への訪問の目的がレジャーならば、ビザは、通常、旅行して出される医療、治療友人と親族への訪問、社会的な手段での参加。

    もしあなたがビザを申し込み(B1/B2)必要がありどうぞ最も近い米国大使館に連絡してくださいならば.

  14. どんな国がビザ棄権証書プログラムに含められているか?

    アンドラ、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブルネイ、チリ、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、島、アイルランド、イタリア、日本、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、モナコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポルトガル、マルタ、サンマリノ、シンガポール、スロバキア、スロベニア、韓国、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、イギリス。

  15. ESTA承認は、アメリカ合衆国に入ることを保証しているか?

    旅行認可(ESTA)のための電子システムによると、あなたは、ビザ棄権証書プログラムに従うアメリカ合衆国に旅行することの権利を与えられる。アメリカ合衆国に入る時には、関税と境界ガードの役員はあなたを試験し、あなたの入口の承認について決める。

  16. 私は、適時に、米国に旅行する前にESTAアプリケーションを提出する必要があるか?

    あなたはあなたのESTAアプリケーションをいつでも提出できる;しかし、それは、米国に旅行する前に極少な72 hでそれを提出するように勧められる

  17. もしそれが拒絶されたならば、私は繰り返しESTAアプリケーションを提出できるであろうか?

    もしあなたの状況のうちのいくつかが変わったならば、あなたは10日の後に繰り返しESTAアプリケーションを提出できるであろう。もしあなたが間違いの情報をあなたのESTAアプリケーションに含めていたならば、あなたは、ビザ無料のプログラムの範囲に変更できず旅行する権利を失う。

  18. もし私のESTAアプリケーションが拒絶されるならば、私は何をしようか?

    もしあなたがビザ無料のプログラムESTAの資格を得るはずがないならば、最も近い米国大使館または領事館に連絡し、無移民ビザB1/B2を申し込みなさい。

  19. ESTA申込金の量は何であるか?

    米国政府費用は14、00ドルを構成している。私達のサービス料金は米国政府料金を含む。

  20. 私はその提出の後にESTAアプリケーションに部分修正をしてもよいか?

    あなたは、あなたが提出したアプリケーションにおいて旅行ルート情報を変更できる。ESTAアプリケーション・システムは、旅行データをアップデートすることを許す。あなたは、ESTAアプリケーションの提出の前に本平易な切符とホテルに持ってい.

  21. もし私がESTAを受け取ったならば、私はI-94W許可を埋める必要があるか?

    ESTAプログラムの実施以来あなたが米国に海路で入るか、または放映し、I-94W許可が埋められる必要がない;データは現在電子的に登録されている。

  22. ESTAアプリケーションのコピーを空港に運ぶことが必要であるか?

    米国規則によると、ビザ棄権証書プログラムの下に旅行するためにそれがESTA認可のコピーを携帯することが義務的ではない。あなたのレコードのためのコピーを持っていることがどんなに必要である。いくつかの航空会社が、人を運ぶのをあなたに要求できて、これは、プリントアウトを持っているのをあなたに要求できる。もしあなたがあなたのESTAアプリケーション数を忘れたならば、あなたは、まさに、ESTAウェブサイトのパスポートを出しているあなたの志願者名、生年月日、パスポート番号、および国に入ってアプリケーションを得ることができるであろう.

  23. それがビザ棄権証書プログラムの下に旅行するように、どれがパスポート要件であるか?

    ビザ棄権証書プログラムのための要件は下記である:

    • パスポートは電子パスポートであるにちがいなく、デジタルのチップはパスポートのホルダーについてのバイオメトリックの情報を伝える;
    • それはマシン読み取り可能なゾーンを伝記のページに含んでいるはずである;
    • 台湾パスポートホルダーは、パスポート番号とパーソナル識別数(ピン)を提供するのを要求される;
    • 例外効果的2009年7月1日がある;ビザ棄権証書プログラム国の一時的なパスポートと緊急事態パスポートは電子であるにちがいない.
  24. 針や酸素タンクなどの医学の機器で旅行することが可能であるか?

    医薬品は、コンテナにおいてプリントされた医師の規定を持つそれらのオリジナルのコンテナにあるはずである。あなたが、90日供給である個人的な使用量を運ぶことだけが必要である。規定がそれらのオリジナルのコンテナにないといけないから、あなたは、医師から規定のコピーまたは手紙を運ぶのを要求される。米国に入るすべての医薬品は、医師の規定を持っていなければならない。食品医薬品局は、委任された調剤入場である。(301) 796-0356で具体的な調剤についてのどのような質問でも、米国、接触食品医薬品局、輸入操作と方針の部門に輸入できる。それが、セキュリティへの脅威であるかもしれない酸素ガスやアイテムなどの機器で旅行するように、人は医師から規定手紙をもらわなければならない。追加の要件の詳細について、交通セキュリティ管理に連絡しなさい。

  25. ESTAの申請内容を訂正するには?

    パスポート上の名前、性別、生年月日、有効期限、国や国籍に間違いがある場合は、新たに申請し直すか、再申請をして訂正する必要があります。これは、該当する申請が許可されている場合のみ可能な手続きです。

  26. 子供のためにESTAを申請することは可能?

    可能です。同行するか否かに関わらず、子供にも一人ひとりのESTAが求められています。保護者は子供に変わってESTAの規約を理解し、質問に答える必要があります。子供のESTAを申請する場合も、子供自身の有効なパスポートが必要となります。子供のパスポートは、2006年10月26日の前に発行されたものでない限り、ESTA申請に有効ではありません。文書はビザ免除プログラムの要件を満たしている必要があります。

  27. 米国に滞在中にESTA期限切れになった場合は出国に影響がある?

    いいえ。出国することには問題はありませんが、出国後に再度米国に入国するためにはESTAを更新する必要があります。

  28. インフルエンザや風邪は米国で伝染性の病気と考えられる?

    ほとんどの伝染性の病気は、ビザ免除プログラムの下に米国に入国することに障害にはなりません。あなたが伝染性の病気にかかっている場合は、申請時に明記してください。治癒した後、病気から回復した旨を示すことができますが、保菌者でないという証明が必要になります。

    下記が検討中の伝染病です:

    • 軟性下疳
    • 淋病
    • 鼠径部肉芽腫
    • ハンセン病
    • 性病性リンパ肉芽腫
    • 梅毒(伝染性がある段階)
    • 結核
  29. クレジットカード情報の安全は保たれる?

    ESTAシステムは、決済が完了した後はいかなる情報も保存しません。

  30. ESTAはどれくらいの期間有効?

    渡航許可は通常、申請から2年間かパスポートの有効期限まで有効です。スクリーンには必ず渡航許可の有効期限が示されます。ESTAでは2年の期間の間、またはパスポートの満了までの間に複数回の渡航が許可されます。ESTAの渡航許可を受け取った後、有効期間内であれば再申請する必要はありません。ESTAを持っていることは2年間の米国滞在を求めることではありませんが、ビザ免除プログラムの条件の下に米国に滞在することが認められています。最大で90日間の間米国に滞在できます。より長い期間滞在すること希望する場合は、米国大使館からビザを取得しなければいけません。パスポート上の名前、国籍、性別の変更や新しいパスポートを取得した場合は、新たに渡航許可を申請する必要があります。ビザ免除プログラム申請における質問事項に対する答えが変わった場合にも当てはまります。

  31. ESTAを更新するには?

    ESTAすでに期限切れになっている場合は、ここから新たな申請を提出できます。すでに許可された申請を延長することはできません。また、ESTAが期限切れになることを待つ必要はなく、有効期限が切れる前にいつでも申請することができます。もし「あなたのパスポート情報に紐付いた、30日間以上の有効期間が残っている申請が見つかりました」というメッセージを受け取る場合は、申請のために支払いが必要で、その時既存の申請をキャンセルすることになります。そして、新たな申請をする必要があります。

  32. なぜ雇用者の情報を提出しなければいけないのか?

    移民国籍法のセクション214bによると、個人は米国に移住するつもりはなく、訪問者のステータスであるということを証明しなければなりません。

  33. ESTA申請のために旅行計画は必要?

    いいえ。申請時に旅行計画を持っている必要はありませんが、米国内の連絡先は必要になります。申請を完了させるためには、米国滞在中に宿泊する予定の住所を提出しなければいけません。仮に複数の場所に滞在する予定の場合は、一番最初に滞在する場所の住所を入力してください。

  34. ESTAではなくビザを申請すべき時とは?

    以下の場合にESTAではなくビザを申請することができます:

    • ビザ免除プログラム不署名の航空輸送業者での渡航を希望する場合
    • 90日以上の米国滞在望む場合
    • 短期の旅行またはビジネス以外の目的で米国に滞在する場合
    • 移民国籍法のなんらかの理由で申請が却下されると考えられる場合
  35. 二重国籍の保持者であり、ビザ免除プログラムに該当するパスポートの有効期限が切れている。または、その国のパスポートを持っていない。

    複数のパスポートを持っている場合は、仮に期限が切れていたとしても最も直近のパスポートを利用してください。別の国のパスポートを持たない二重国籍者は、リストから国を選択し、旅券番号の欄を空欄にしておいてください。

  36. ビザ免除プログラム申請が拒否された場合はどうなる?

    米国に入国しようとした者で、ビザ免除プログラムが適用されないとされた者は、出身国または周回チケットで経由する第三国に送還されることになります。米国に到着した際の航空会社、またはその他の手段にて送還されます。

  37. 渡航者のコンピュータで英語入力ができない場合も申請は英語でしなければいけない?

    ESTAの申請は英語でされなければならず、申請に使うコンピュータは、アメリカ英語のためのキーボード入力と適当なフォントの設定が必要になります。もしコンピュータのオペレーティングシステムがマイクロソフトWindows 95以降である場合は、設定のために言語変換ウェブサイトを参照してください。

    もしコンピュータがWindowsオペレーティングシステムをサポートしていない場合は、オペレーティングシステムの開発元から提供されている情報を参照するか説明書に従ってください。